悩みの相談・愚痴など様々な人生の出来事について話し合いましょう。

nayamisoudankun’s blog

人生は悩み多きもの。コラムで悩みを愚痴たり、慰め合ったり。

リタイアすること

最近、会社生活からリタイアした方とお会いした。
東京の近郊都市から1時間30分余りかけて通勤していた。
、、、もうお酒を飲んで、電車に揺られ帰るのは嫌。
どうしても飲むのなら、昼飲み。
今は、晩酌が一番とのこと。
、、、長い間、ご苦労様❗

終活の準備

人生60歳の後半になると自らの死をどのように迎えるかということは、

大切な問題だ。

以下死を迎えるにあたって準備すべきことを羅列してみた。

1.遺言状

  財産目録の整理や相続の割合もあるが、是非ともとも家族への説明と家族の

  理解と了承を得るのがポイント。

2.身辺の私物の整理

3.思い出の地への旅やとにかくやっておきたいことを実行。

4.メールアドレスやインターネット関連のパスワード・アカウントの整理。

5.一番いいのは、「ピンコロリ」なので、平素の健康の維持。

5.気がかりなことの解決。

  自分にとっては「子等の自立」

  これは本人たちの問題だが、少しずつサポートするしかない。

中学時代の同窓会

先日、中学時代の同窓会に参加した。

最近音信普通の友人の名前が伝えられたリ、1年ぶりの友人とさかずきをかわしたり。

男性は殆んど全員がリタイアして、冒頭から「次回の会は開始時間をもっと早くしてくれ」などの発言が出た。

男性の寿命は82歳くらいだそうだから、後14年位で死ぬこととなる。

・・・、ソロソロ、死の準備をしなくてはいけないのかな?

 

ちょっとした良いこと

  最近の体験

 

1.94歳の母を連れて久し振りに回転ずしに行った。

  流石に若い家族連れが多い。服装も髪型カラフル。子供たちは走り回っている。

  寿司ネタも今風でこれがお寿司?、と思うようなものもある。

  目を白黒させたがお寿司には満足した母を、車いすに乗せ帰ろうとしたら、若い

  方々がサッと道を譲ってくれたり、ドアを開けて呉れたり、エレベータを開けて

  呉れたり、と・・・、「若者に感謝だなあ・・・。」と感じた。

2.腕を骨折して半年ぶりにテニスを再開した知人が、「とにかく健康が一番大切。

  お金もあればいいけど、やはり健康が一番」と漏らした。

  最近は金欠気味でお金が欲しいけど、全く同感!

3.公園を散策していたら、目の不自由な人達とボランティアの伴走者に出会った。

  いつもの時間によく目にする光景。風を爽やかに感じた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ がんの早期発見なら今話題の「PET/CT検査」を! 日本人の2人に1人が「がん」にかかり、3人に1人が「がん死」すると言われて いますが、PET/CT検査による早期発見で、がんの殆どは克服できるのです。 がん検診、脳ドック、心臓病検診可。インターネット予約で割引特典あり           詳しくはこちら>> https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NZOGS+B1459U+1O7S+15QHIB ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

知り合いが、又、癌に罹った

 いつもの囲碁の例会に出ると、某氏が「○○さんにこの前会ったが、相当顔色が

悪かった。現在、抗がん剤を服用しているらしい」と漏らした。

 60歳後半になると、知り合いに癌に罹った方たちが急速に増えてくる。

1.2年前に孝行時代の友人がすい臓がんで亡くなった。

2.1年前に、お世話になった女性がお亡くなりになった。

  単身赴任中の旦那さんが漸く家庭に戻ってくる、「大変だわ」と嬉しそうに

  笑っていたのに。

3.半年前から知人が抗がん剤治療を受けている。

  マスクをかけ、帽子をかぶっている。(放射線治療などキツイのを耐えているん

  だろう)

4.・・・、そして、今回の知り合いの件!

 人はいつかは必ず死ぬ。日本人の半分くらいが癌に罹るといわれている。

 ・・・、でも私は、忍び寄ってくる死には鈍感だ。

 ・・・、そして今回のような出来事に遭遇すると狼狽する。

 ・・・、自分はつくづく小市民で自分勝手な性格だと思う。

 

明日はお袋を囲んでランチ

明日、90歳半ばの母を囲んでランチをする。

過去の世界に閉じこもってしまったお袋。

・・・、多分、もうあと数年の命だろうが、・・・、こんなことしかしない我々

息子達も申し訳無いが、明日はゆっくりとした時間をお袋が過ごせたら、と思う。

 

リタイアしてからのへそくり管理:現役とリタイアの違い

リタイアした際は一定程度あったへそくりが、3年近くで徐々に減少した。

このままでは底をつく。困った!!

何かいい方法はないか?・・・、など色々と考えたが、最終的には「入るを量って、出づるを制する」しかないことに漸く気づいた。・・・馬鹿だなあ・・・。

やりたいことにプライオリティをつけ、プライオリティの低いものには出費しない。

具体的には、お義理の付き合いはしないことに尽きる、と思う。

・・・、チョッピリ寂しい面もあるが、ここの見極めが現役時代とリタイア時代の違いだ。