悩みの相談・愚痴など様々な人生の出来事について話し合いましょう。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nayamisoudankun’s blog

人生は悩み多きもの。コラムで悩みを愚痴たり、慰め合ったり。

ホテル メトロポール モスクワでの故渡辺美智雄外相の姿

 

 今日は「家族」のテーマとは全く関係のない体験

 

ロシアとの領土交渉がそろそろマスコミでも大きく取り上げられ始めました。安倍首相の歴史的な評価は今回の外交で概ね決まるのではないか、と私は思っています。

・・・ソ連邦崩壊前後数年間、所用で欧州各地を旅した。当時も領土交渉が熱心に行われていた。ロシアはエリツインが大統領を務めていたが、政情不安で日本の敗戦直後もこんな有様だったのか、と思わせるような状況だった。

 ホテルメトロポールは、1917年、レーニンがスイスからドイツ経由の「封印列車」でロシアに帰国した際に宿泊したホテルだと記憶している。

 偶々このホテルに宿泊し朝食をとっていたら、食堂の片隅に日本人紳士達が食事していた。一目見て渡辺氏がいるのが分かったが、・・・、正直彼のやつれた姿が目に飛び込んだ。随行の紳士に対して合図地はうっていたが、テレビなどでよく見た「でっぷり姿」の彼のイメージとは全く異なりやせ細り迫力が無かった。

後で、彼は癌に侵されていたと聞いたが、・・・、「この領土交渉は失敗する」と感じた。

 男は一度勝負をする、とよく言われるが、その最たるものが厳しい外交交渉なのだろう。

 人はみな、その人の人生の途中で大きな壁にぶつかる時が来る。その際に一番必要なのは、「健康」だと思う。

 渡辺氏のご冥福を祈ると共に改めて健康の大切さを感じる。日ソの領土交渉の記事を目にするた度に、何故かあの時の渡辺氏の姿が目に浮かぶ。

< p>