悩みの相談・愚痴など様々な人生の出来事について話し合いましょう。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nayamisoudankun’s blog

人生は悩み多きもの。コラムで悩みを愚痴たり、慰め合ったり。

師走に想う「私の未来」と「家族の未来」

 今日は師走、家族では早々に「年越しそば」を食べた。

 本来は、除夜の鐘でもききながら食べるのかもしれないが、利便性や妻の負担も考慮すると、ランチで食べるのが便利だ。

 ・・・その後、近所のお寺を3つ程お参りした。

 大きな鐘のあるお寺では鐘の掃除に余念がない。今晩11時45分から希望者は、鐘をつけるようだ。

 その後、言いつけられたお買い物、・・・、とスーパーで手押し車を押す高齢の女

 性から手を貸すように頼まれた。お店の入口がやや高くなっており、手押し車だは

 入りにくい。

 ・・・界隈で本当に高齢者が増えた。

 

1.「私の未来」もこんな風になるのかな?、と思う時もある。

1-1.10年後には生きていれば、「後期高齢者」に仲間入りする。これは確実。

1-2.問題は、私の健康状況・経済状況・家族との関係(特に妻との)だろう。

    健康については、適度に運動し、週一ベースで酒を飲む。

    経済については、若干でも、後期高齢者までは働く。(出来るだけ貯金には手

    を付けない。変な投資話に乗らない、贅沢はしない)

    家族との関係・・・妻の負担を出来るだけ軽減したい。(自分の服は自分でア

    イロンがけする。お風呂を洗う。買い物の手伝いをする。等々。)

1-3.避けられない「老い」と「死」には淡々と向き合いたい。

 

2.「家族の未来」は?

2-1.妻にとっては遠隔地に住む高齢の母が心配の種だろう。

2-2.子には自らの意思で好きな道を自由に(出来れば楽しく)歩んでほし

    い。・・・でも、最終的には、本人の実力と運で、親は余り関与しない方が良

    いだろう。

    妻も家族も健康でいて欲しい。

 

 日本最大級の施設・プラン数!人間ドックの予約ならマーソ(MRSO)