悩みの相談・愚痴など様々な人生の出来事について話し合いましょう。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nayamisoudankun’s blog

人生は悩み多きもの。コラムで悩みを愚痴たり、慰め合ったり。

米つきバッタ外交

   

 昔、明治時代、日本は欧米との間で締結した不平等条約の改正に苦しんだ。

 経済的社会的にも後進国だった日本は欧米に常に「へいこら」して「常に頭を下げる米つきバッタ」と云われたという。

 江戸時代末期から明治時代の初めころまで、イギリスやフランスの軍隊が自国民の保護のためなどという理由で駐留していた。・・・、関心のある方は横浜の居留地域にいけばその残滓が残っている。

 アメリカの大統領がトランプになってから、日本のマスコミの関心は米軍の駐留経費負担の問題に一極集中したような感じを受ける。・・・、何だか基本的なことが置き去りにされている、としか思えない。

 なぜ、外国の軍隊が日本にいるのか?明治政府の果たした役割は、「外国軍隊を撤去させること」や「治外法権の撤廃」など”独立国”としての国の主権を取り戻すことにあった。・・・、勿論、政商との癒着や軍国主義など負の遺産も多々あったことを無視はできないが。

 日本の世論をみると、沖縄や福島など「臭いものには蓋をして当面どうするか」にしか関心がないように思えてならない。

 トランプのような人間が大統領になったことを切っ掛けとして、「米軍の駐留をどのようにして減らしていくか」「そのためには周囲の国とどのような関係を構築して安全保障を確保するか」などじっくりと腰を据えた論議を期待したい。

  悩み相談